Top / RESEARCH

RESEARCH

Research Topics

爆弾低気圧による沿岸災害

  • 新たな経験的モデル開発による爆弾低気圧に起因する高潮・高波予測手法の構築(代表:2019.4-2022.3)>科研費(若手)
  • イルーシブな低気圧による沿岸災害の予見性向上に関する研究(分担:2020.4-2023.3.研究代表:大阪市立大学中條壮大准教授)>科研費(基盤B)
    • 爆弾低気圧による災害予見性評価と微気圧の評価

大気海洋の相互作用

  • 波浪を考慮した大気海面境界素過程の解明と沿岸災害への影響評価(分担:2019.4-2023.3.研究代表:京都大学森信人教授)>科研費(基盤A)
    • 波浪による大気海洋相互作用パラメタリゼーションの構築と大気海洋モデルによる影響評価
  • 波浪境界層内熱・運動量輸送のパラメタリゼーションと高潮高波災害評価(分担:2019.4-2021.3.研究代表:北海道大学渡部靖憲准教授)>京大防災研一般共同研究
    • 大気海洋波浪結合モデルによる沿岸災害の評価

沿岸海象変動と砂浜の応答

  • 海浜システムを構成する動的平衡系の海面上昇・波向き変化に対する応答特性の予測推定(分担:2020.4-2023.3.研究代表:金沢大学由比政年教授)>科研費(基盤B)
    • 沿岸波浪,流動特性の解析と将来変動の予測
  • 石川海岸周辺の砕波帯から沖合における沿岸水理・海浜変形過程と広域土砂動態の推定(分担:2020.4-2022.3.研究代表:金沢大学楳田真也教授)>河川砂防技術研究開発公募海岸技術分野
    • 石川海岸の沿岸流動を考慮した漂砂モデルの構築
  • 全国砂浜海岸の粒度組成観測に基づく沿岸部の温暖化影響評価の試み(分担:2019.4-2021.3.研究代表:大阪市立大学中條壮大准教授)>京大防災研一般共同研究
    • 砂浜の観測と将来の汀線変化の予測

地球温暖化関連

  • 統合的気候モデル高度化研究プログラム(TOUGOU)(協力:2017.4-2022.3)
    • 領域テーマD:統合的ハザード予測
  • 気候変動影響予測・適応評価の総合的研究(S-18)(協力:2020.4-2025.3)
    • サブテーマS-18-3(2):高潮・高波等を対象とした沿岸域への気候変動影響予測と適応策の評価

Publications

査読経験

  • Coastal Engineering Journal
  • 土木学会論文集B2(海岸工学)
  • 風工学シンポジウム論文集

終了したプロジェクト

  • 海象の再解析─近未来予測データ接続による沿岸域減災の気候変動検討の基盤データ整備に関する研究(分担:2018.4-2020.3.研究代表:筑波大学武若聡教授) >京大防災研一般共同研究
    • 最新の再解析,将来予測関連研究成果の要約
  • 気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)(協力:2015.4-2020.3)
    • 課題2:超高解像度ダウンスケーリング
      • 現在・将来における海洋高解像度ダウンスケーリング
  • グリーンインフラを用いた気候変動に伴う沿岸災害の減災評価手法の開発(協力:2017.4-2020.3)
    • サブテーマ1:温暖化による台風増加と沿岸ハザード評価
      • 大気海洋結合モデルによる台風シミュレーションとその精度向上
  • 海洋表層ダイナミクスを考慮した大気境界層パラメタリゼーションによる極端気象現象の再現性の検討(分担:2017.4-2019.3.研究代表:北海道大学山田朋人准教授) >京大防災研一般共同研究
    • 田辺中島高潮観測塔における大気海洋同時集中観測
      • 大気海洋波浪結合モデルにおける運動量輸送バルク式の改良
  • 津波再現水槽を用いた海岸巨礫群の運動形態の解明(分担:2017.4-2019.3.研究代表:関西大学安田誠宏准教授) >京大防災研一般共同研究
    • 波浪外力の推定
  • 最悪クラス台風・高潮の予測モデル開発と再現確率推定(分担:2015.4-2018.3.研究代表:京都大学間瀬肇教授) >科研費(基盤B)
    • 最悪クラス台風・高潮の動的ダウンスケーリングによるシミュレーション
  • 亜熱帯・中緯度帯における台風・津波による巨礫分布の歴史的評価(分担:2015.4-2018.3.研究代表:京都大学森信人教授) >科研費(海外基盤B)
    • 巨礫観測及び台風による高波解析
  • 高潮・波浪災害リスク軽減に向けた台風通過時の海洋構造および大気-海洋-地盤相互作用に関する現地調査(分担:2015.4-2017.3.研究代表:神戸大学内山雄介教授) >京都大学防災研究所共同研究
  • 気候変動リスク情報創生プログラム(SOUSEI)(協力:2012-2016)
    • テーマD(i)-c 協力:気候変動に伴う沿岸災害リスクの評価
      • DDSに基づく高潮将来変化予測
  • 沿岸災害予測のための大気・海洋・波浪結合モデルの開発(代表:2013.4-2015.3) >科研費(学振DC2)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-05 (水) 08:40:33 (2d)